基町高校

基町高校「被爆体験証言者と描く原爆の絵」
平和学習

広島市立基町高等学校では、創造表現コースによる原爆の絵の制作協力を始めて6年が経ち51点の作品を制作してきました。

作品は広島平和記念資料館に収蔵された後は証言活動などに活用されています。生徒たちは、証言者の方と打ち合わせを重ね、少しでも証言者の方の気持ちに近づこうと努力しながら取り組んでいます。当時の状況に関する知識や経験もなく、自分たちの想像力と、証言者の方の話や写真集や映像記録などを頼りに、事実に近づこうとしました。生徒自身も、この取り組みで多くのことを学び、平和への思いを新たにしたことと思います。これらの取組が契機となり、平和への意識が次世代へとつながっていくものと信じています。

こうした被爆体験証言者と描く高校生による「原爆の絵」の取組は、原爆の惨状や被爆者の方々の願いを伝えていくことを目的とします。

原爆の絵