安佐北高校・広島中等教育学校

平和学習 (安佐北高等学校)
平和学習

平和学習heiwa01 
7月に、平和学習を行いました。
昨年度は、被爆体験を講演者のスケッチを見ながら聞きました。今年度は、被爆について、広島平和記念資料館 木下りつ子さんの調査・研究の講演会を行いました。
以下 その講演会の感想文・抜粋文です。

 

感想文

今回の講演(平和学習講座)では、被爆者の悲しみとかでなく、原子爆弾(ウランの核分裂で、中性子と核反応をおこすことなど)についてでした。
僕たち中学生にとっては少し難しい内容でした。でも、原子爆弾はたとえ使わないにしても作ってはいけないし、持ってはいけないと思います。科学の進歩で医療が発達することは望ましいことだけど、核兵器を研究することは人間のすべきことではないと思います。被爆都市であるヒロシマから、僕たちが8月6日の歌(ひろしま平和子どものつどい 合唱「くすのき」)を通して核兵器廃絶を訴えていきたいです。(中学3年)

heiwa09

 

毎年平和学習(昨年度は、被爆体験談を聞いた)をするけれど、今回は知らなかった情報(被爆の科学的情報)をたくさん知ることができました。
広島・長崎で起こったことを、日本中の人に、そして世界中の人に知って貰いたいと思いました。原爆で亡くなられた人、今も生きておられる方々の為にも、伝え継いでいかなければならないと思いました。
それがヒロシマに生まれた私たちの使命なのだと思いました。一つ一つ重く考え、これからも知識を増やしていこうと思いました。

heiwa011

私は、広島に来て初めて原爆の存在を知り驚いた経験をしました。それなのに、当の広島の子供が原爆の事について、とても興味が薄いこと・知ろうとしない現実に、私はどうしてだろうと とても悲しくなります。今自分たちがこうして学校に来て勉強しているこの瞬間にでも、一発落とせば世界が一瞬で消える原子爆弾を開発しているという現状をたくさんの人に知って貰いたいです。だから、私も平和活動の会の一員としてみんなに平和について考えてもらう場を提供したいと思います。

 

ヒロシマの高校生として出来ること・すべきこと(抜粋文)heiwa010

・世界中に友達を作り、戦争をしたくないと思えるようになることが大切だと思います。これから、さらに、原爆や戦争・平和について考えるようにしたいです。

・16歳の私にできることは数少ないとは思いますが、何よりもまず、原爆について正しく伝えられるよう、たくさんの知識を得て、知ることが大切だと思いました。

・戦争を体験した人や被爆者が減っていく中で、戦争を起こさないようにするには、戦争の恐ろしさをこうした平和学習などで学び、次の世代に伝えていくことだと思いました。

・広島・長崎で私たちのように平和学習をしている人たち以外、県外・世界の人々に原爆の恐ろしさ・平和の大切さを伝えていくことが私たち広島の高校生に出来ることだと思いました。

・今の私たちに出来ることは、たくさんの人と仲良くして、他の世界に目を向け世界中の人と仲良くなることだと思いました。(その友達のいる国とは、戦争をしたくないと思うから)だから、たくさんの世界の人と話し、平和な世界に出来るように話し合えたら良いなと思っています。

・広島と長崎が大きな被害を受けたのに、他の県のほとんどの人が原爆の事を知らないなんて、原爆を受けたのは、日本であり日本でないような感じがする。

・原爆が投下されて、約70年が過ぎようとしているのに、一向に無くなる気配がないことが大きな問題だと言えるのではないかと思った。

・とても素晴らしい講演だったけれども、正直どうすればいいのか分からないです。後世にどう伝えればいいのか、高校生としてどう発信していけばいいのか。やはり、こういう事は、自分で考えなければいけないと思いました。

・7月8日に、アメリカ人の高校生と交流する機会があるので、今日学んだことを生かしていきたい。heiwa05

・講演内容は資料館に職業体験した時に学んでいたけれど、英語で伝えるのは難しくて出来ませんでした。知識を身に付けるだけでなく、それを発信する手段を身に付けることが大切だと思いました。

・原爆を知っているおじいさん・おばあさんからしっかり話を聞くことだということです。私の祖父母は原爆を体験しているので、小さい頃から沢山話を聞いてきました。こういうことが、今の若者には大切ではないかと思います。

・福島の事も核実験の事も、解決するにはまだまだ時間が必要ですが、一人ひとりが協力して解決を目指していくべきだと改めて思いました。heiwa04

・講演を聞いて、自分たちが平和を世界中に広げないといけない時が近づき始めているんだなと思いました。高校を卒業したら、今みたいな限られた範囲内での平和活動だけでなく、世界を通してそのような活動をしなければならないのだと思うと、今のうちにしっかりと正しい活動方法を考えなければならないと思いました。