基町高校

第15回創造表現コース・美術部卒業作品展レポート(基町高校)
クラブ(文化)課題研究

2月20日(土)と2月21日(日)の2日間、基町高校西棟の展示ギャラリーにて創造表現コースの3年生による卒業作品展が行われました。1年生から今までの作品が一斉に展示され、その準備は作品の選出から展示作業に至るまで、全て3年生の手によって作り上げられました。また、1年生2年生も3年生の卒業を祝う気持ちを込め、その活動に貢献しました。そして多くの方にご協力をいただき、卒業作品展を開催することが出来ました。

当日は、来賓の方をお招きし開会式が執り行われ、多くの祝福のお言葉を頂きました。また、テープカットが行われ、初日から華々しくスタートを切ることが出来ました。
作品展示では、デッサンを始め、デザイン、グラフィック、アニメーション、油絵、日本画、水彩、工芸、陶芸、七宝焼き、彫刻など、他にも様々な作品が展示されました。生徒たちの努力と葛藤が見える、その一つ一つの作品から多くのことを感じていただけたと思います。会場内では生徒が来場者の方々に作品の説明をし、自らの作品に込めた思いや、これからの活動のことなどを話している姿がよく見られました。作品数も多く、見応えがあったのではないかと思います。
また、七宝焼き講座も行われ、一般の方も実際に制作の体験をすることが出来ました。日本画教室では、お茶やお菓子のサービスと生徒が作成したグッズの有料頒布が行われました。ゆっくりとくつろぎながら作品をご覧いただくことができ、またグッズの有料頒布ではハガキや一筆箋、トートバックや文房具などを頒布し、どちらもご好評いただきました。

2日間とも多くの方にご覧いただき大成功のうちに終了しました。卒業する3年生は、これからそれぞれの道に進み、活躍していくことと思います。今まで学んできたことを糧に、ぜひとも邁進していただきたいと思います。本当にお疲れさまでした。

by (創造表現コース・美術部1年生 杉江)