基町高校

高校生が描いたヒロシマ 原爆の絵画展を開催
各校PR平和学習

広島市立基町高等学校美術部では11年前より毎年、原爆被害の実相を後世に伝えていくため、被爆体験証言者とともに「原爆の絵」の制作に取り組んでいます。今回はこれまでに描いた126点の原爆の絵のうち36点を展示いたします。何度にもわたる打合せを重ねながら描かれる絵は、当時の惨状を克明に描き出すものでありながら、証言者の記憶や思いに高校生が寄り添いつつ描いた、双方の「気持ち」も共に描き出しています。 記憶の継承の一つの形として、多くの方にご覧いただければ幸いです。

 

image